社会福祉法人白山福祉会を知る
scroll

社会福祉法人白山福祉会とは。


ヒトとヒトがつながることを大切にする。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

働くヒトとお客様だけしか居ない福祉施設。何か違和感が。

福祉施設に違和感を感じ、逆さにして考えてみた。
ヒトは、社会や地域の中にいることを感じることで自分の存在を認識する。見ず知らずのヒトとすれ違うことは日常的。スマホを見ながらの「ながら歩き。」そこにヒントがあった。気づいた。自分の足元を見返してみた。
そうか、昔のように隣近所に誰が居るか当たり前のように知っていて用事がある時は訪れる。スマホがない時代はヒトとヒトがそのようにしてつながっていったんだ。

間接的にしか繋がらない現代。

ヒトとヒトが直接的につながる時代は終わった。
ヒトとヒトが間接的にしかつながらない時代になった。
そう、昔はヒトとヒトが直接的につながる時代だった。でも今は、スマホやパソコンなどによりSNSなどを活用してヒトとヒトが間接的につながる時代になった。これがヒントとなり、お客様と働くスタッフしかいない施設をどうやったら社会や地域とつなぐことができるかにつながった。

コミュニケーションツール。

今の時代、ヒトとヒトをつなぐにはコミュニケーションツールが必要となった。(画像:伊藤若冲『鳥獣花木図屏風』をレゴ®で)
でも、どうやったらつながるのかな?
「お母さん、今日、福祉施設に遊びにいくねぇ~。」そうなるために何が必要かなぁ~。そうかぁ!・・・万人が知っているものが施設にあって、それをヒトとヒトがつながるためのコミュニケーションツールにすればいいんだぁ~!

ヒトとヒトがつながり始めた。

子どもから高齢者まで万人が知っているモノ。
そう、それがレゴ®だった。そして、意外なヒトとつながった。
今、振返ると奇抜なアイデアだった。当時、世界で12人、日本で唯一のレゴ®デンマーク本家から認定を受けていたレゴ®認定プロビルダー三井淳平氏。そして、すべてが動き出した。地域のモニュメントをコラボレーションし制作していこう。

色々とつながった。
そう、東京大学レゴ部。

社会福祉法人と東京大学生?意外な感じはしたが特別なコトではなかった。
地域に貢献しよう。そんな想いからはじまった地域貢献事業レゴ®ワークショップ。画像は、地域小学校PTA×東京大学レゴ部×白山福祉会でワークショップを開催。福祉施設内でもそんな企画OK。社会や地域とつながる。高齢者施設内併設のレゴ®認定プロビルダー三井淳平アートミュージアム。

そして、東大レゴ部が一緒に施設づくりに。

わけろ、もっと自分。1年目、2年目、3年目、5年目、7年目とそれぞれのステージで身につけたコトを後輩にわける時期。
成長過程では、足し算、引き算、掛け算、割り算が存在する。学び吸収し、整理整頓中に自分を確立し、新たな自分に成長するために掛けてチャレンジする。成長した新しい自分というものを後輩たちのために分けていく。

NEXT STAGEへ。

社会福祉法人白山福祉会は、次のステージへ進んでいきます。
自分×What?
社会福祉法人白山福祉会×What?
次にくるステージはなんだろう。
新しい福祉を創っていくために。
項目を追加

企業を知る

社会福祉法人白山福祉会
項目
テキスト
法人名
社会福祉法人白山福祉会
設立
平成24年11月15日
代表者
理事長 湖山泰成
法人所在地
〒215-0014 神奈川県川崎市麻生区白山一丁目1番1号
組織
評議員 7名
理 事 6名
監 事 2名
評議員選任解任委員会 4名

事業内容
特別養護老人ホーム
短期入所生活介護(高齢者)
通所介護
居宅介護支援事業所

※定期巡回・随時対応型訪問介護看護
※短期入所生活介護(障害者)
H31.9開設予定
グループ団体
湖山医療福祉グループ http://koyama-gr.com/
項目を追加

法人沿革

社会福祉法人白山福祉会
項目
テキスト
平成24年11月15日
社会福祉法人白山福祉会 設立
平成26年04月01日
特別養護老人ホームラスール麻生開設
・特別養護老人ホーム128床
・短期入所生活介護8床
・通所介護(最大30名)
・地域交流ホール
・レゴ®認定プロビルダー三井淳平アートミュージアム
平成28年04月01日
川崎市特別養護老人ホームこだなか(川崎市より運営受託)
・特別養護老人ホーム50床
・短期入所生活介護2床
・通所介護(最大30名)
・居宅介護支援事業所
平成31年09月01日
特別養護老人ホーム桜の丘開設予定
・特別養護老人ホーム128床
・短期入所生活介護20床(高齢者)
・定期巡回・随時対応型訪問介護看護
・短期入所生活介護12床(障害者)
項目を追加

経営理念

社会福祉法人白山福祉会
項目
テキスト
経営理念
自らが受けたいと思う医療と福祉の創造
経営方針
・個を大切にし、心を満たす医療・福祉の実現
・よろこびを感動の共有
・地域社会との対話と交歓
・安全と健全な発展
・誇れる職場の創設 
項目を追加

大切にしているコト

ヒトはみな違う
項目
テキスト
基本的方針
ヒトは、みな異なります。
価値観の押し付けや価値観の是非、価値観の優劣はいりません。
なぜならヒトはみな違うからです。
是非や優劣などを問うのは、個性ではなく理性の議論

ヒトはみな違うとは、考え方や思考、価値観、仕事の成果の表現等をあらわしています。

個性=身だしなみ自由ではありません。
個性=「社会人として当たり前のことはいらない」ではありません。
「個性の有無」と「社会性、理性の有無」を勘違いしてはいけません。
方針1.多様性(ダイバーシティ)
そこには、多数の価値観が存在します。「ケア」、「暮らし」へのこだわり。各人それぞれ異なるものです。異なることを否定するのではなく、共感する。人は違うということを・・・。人は得手、不得手いろいろあります。また、特殊で変わった能力を持っている者もいます。白山福祉会では、その多様性ある違いを「個性」を捉え、とても大切にした組織づくりをしています。「個性がある」とは、誰かが威張ったりえらくなったり価値観を押し付けたりすることではありません。もし、そのようなことがあればそれは、「個性がある、ない」ではなく、「理性がある、ない」ということです。
方針2.人はみな違う文化の醸成
「違いを認め違いを活かす」そこには、同じ目標に向かっていても、違った感性、想い、価値観を持った人々が存在します。人は皆違って当たり前です。白山福祉会では、異なった価値観や感性を持っていて当たり前という考え方を大切にし、お客様、スタッフ、ご家族、地域の価値観や感性の「違い」に焦点を当てています。違いは文化であり、その人の生きてきた証。だからこそ、お互いを刺激し助け合います。自分に足りないものは、持ってる人から、自分が持っているものは他人の手助けのために。押しつけではなく認めること。
方針3.職域の広げる化を図る
そこには、多様性なニーズを持ったお客様が存在しています。これからのお客様の多様なニーズは、専門スキルだけでは満たされません。時代が大きく激変し、遊びを知っている60代前半、50代の方々が特別養護老人ホームを利用し始めます。人それぞれの暮らし方、住まい方が異なります。白山福祉会では、専門知識やスキルだけではなく、「人の 暮らし」を感じることができるよう暮らし感 (暮らしのセンス)を大切にしています。個々のこだわりや想いを尊重し、個人にあった生活スタイルを大切にしてサポートするということは、専門知識やスキルだけでは達成できません。
項目を追加

ENTRY

エントリー
エントリーまたは会社見学はこちらからお申し込みください。

INFOMATION

社会福祉法人白山福祉会 公式サイト関連