未来予想図と法人
scroll

日本の福祉はどこへいくのだろうか?


ヒトの暮らしを意識すると見えてきたもの。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

1つ目は福祉の統合

高齢者福祉、障害者福祉、児童福祉から「福祉」へ。
〇〇職から〇〇キャリアへ向けた統合資格「福祉職」。
福祉という名のもとの税金。つまり、「福祉税」とひとつに括られてくるのではないだろうか。そして、20歳から福祉税納税義務スタートみたいに。また、制度、政策の統合(高齢者福祉制度、障害者福祉制度、児童福祉制度)による、単に「福祉制度」。もしかすると、福祉と教育も統合されるのではなにだろうか。

社会福祉法人とSDGs

SDGsって知ってる?
SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」。2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標。社会福祉法人で何かできないか?

ロボット化とは?

シャカリキになっている国の推進事項「ロボット化」
福祉の現場で生産性を向上させるとは。
福祉の現場で喜ばれるロボット化って何?ながら作業の有効性(かかわる作業をストップさせない効率)。利用者にかかわることに集中する。答えはあるのだろうか?デバイスそのものを触る作業を無くす。これが福祉現場にとっての一番のロボット化。その答えは?

施設自体がIoT

建物が会話する?洗濯機も会話する?お部屋がしゃべりだす?
見守りセンサー、Wifiインカム、各種デバイス、エアコンが見守りセンサーなど、最近は多種多様なものが開発されている。いっそのこと、建物自体をIoTにしてしまえばと考える。居室壁が見守りセンサー。居室が生きている?居室にSiriの仕組みが組み込まれ会話ができる。

半人間半ロボット?

体の50%は人間。体の50%はロボット。
義手、義足もロボット化?何か、ヒトの体のロボット化?整形手術をするような感覚になってしまう時代が訪れるのではないかと感じる。福祉でいう補助具、これが体と一体的になるようなイメージ。そんな時代もくるのだろうか?
頭(脳)は人間。首から下はロボットみたいな。
項目を追加

ENTRY

エントリー
エントリーまたは会社見学はこちらからお申し込みください。

次のステージはいったい何ステージなのだろう?

めざせ、" つたわった"、もっと自分。になるまで。

INFOMATION

社会福祉法人白山福祉会 公式サイト関連